二重査定制度とは、査定額を後から変更できる制度のことな

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラー

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

売るほうの気持ちの問題もありますが、車の車種や補修履歴などの状態によって、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。
そしたら、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。業者の方が高いなんて。


買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でさっそく新車の頭金にあてました。査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。提示された金額を了承すると、中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、売主が必要書類を揃えておけば、「あとはよろしく」で面倒な手続きは必要ありません。

売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と自動車税の納税証明書です。姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。

最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、振込口座(番号だけでOK)も必要です。車の買取依頼をする時、時期、タイミング、依頼する業者次第で数十万円の差がつきかねません。常日頃車内の手入れや傷、凹みを付けないように気をつけることも肝心ですが、少しでも高い値段で査定してもらうポイントは、いくつかの買取業者に依頼し、その価格を比較検討することです。


自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、たいていの買取業者で、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、見積もり結果を出してくれるのです。
このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。このようにすれば時短のメリットもあることですし、同時に呼ばれた査定士間で査定金額の価格競争が起こるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。
インターネットで車の査定をしようと業者のサイトなどを見てみると、個人情報の書き込みが必須の申し込みシートを使っている業者が大部分であるようです。愛車の査定を申し込んでみたいけれども、入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、査定の手続きをネットで行なうことに気が引けてしまうかもしれません。

ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、個人情報の記載は不要で車種や年式といった車の情報をインプットすると買取額の概算を示してくれる便利サイトも現れましたから、車の査定に興味をお持ちなら一度試してみましょう。チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすらプラスになることはまずないからです。


もともとチャイルドシート自体は需要が高いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、きちんと値段がつくものですし、一部のブランド品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。できるだけ高い値をつけてほしい車の査定においては、業者の選択が相当重要だということを知っておきましょう。なにしろ中古車の査定額は、どこに出しても同じという訳ではないからです。


むしろ、考えていたよりもかなり大きな金額の違いが出てくるからなのです。要するに、満足のいく査定額を出してくれる買取業者を探さなければなりない、ということです。



そんな時、大変便利に利用できる一括査定サイトの存在は心強いものです。
これを使うと、一度にまとめて複数の業者に査定額を出してもらうことができます。


持っている車を売ることを考えた場合は、知識をいろいろと知っておく必要があるでしょう。


大切な車税についての知識をつかんでおくことで、手続きをどんどん進めていくことができます。
買取業者と話し合う前に理解しておくことが大切です。中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分類して車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。



これらの結果とオークションの相場などを判断して、見積額が提示されるのです。査定結果に納得し、あとは契約するだけとなったら、書類をそろえる必要があります。また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意してください。



どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかにリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。